忍者ブログ
四季の移ろいの中で、チョウのすがたを追い求めます・・・since 2006.5.9 restart 2010.1.27
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1008191237yamatoshijimi.jpg

 カタバミの周りで、ヤマトシジミがヒラヒラしていました。
そして、すっと葉にとまると、お腹を窮屈に曲げて・・・。
(お腹はうまく写っていませんが、位置を変えてと思う間もなく飛び立ってしまいました)
ヤマトシジミの幼虫は、このカタバミを食べますので、
産卵もこうしたところになります。

(撮影:2010.8.19 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
PR

1008161250yamatoshijimi.jpg 

 翅がボロボロになってしまったヤマトシジミ。
それでも、ヒラヒラとまってきて、目の前のマルバハギの若い枝先にとまったのです。
ボロボロの部分をよく見ると、使い込んでボロボロになった団扇(うちわ)に似ていると思いました。

(撮影:2010.8.16 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)

1008151011yamatoshijimi.jpg

 午前10時頃、窓の網戸の内側に、ヤマトシジミがとまっていました。
どこから入ったのでしょうか。
ともかく、網戸を開けて、外に出してやろうとしましたが、
なかなか開けた方にいってくれません。
しばらく、パタパタしてから、ようやく出ていってくれました。

(撮影:2010.8.15 甲府市内のわが家で)
1008131225yamatoshijimi.jpg

 小さなちいさなウリクサの花。
ヤマトシジミもそう大きなチョウではないですが、
それと比べてもウリクサの花は、小さいですね。

(撮影:2010.8.13 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
1008111253yamatoshijimi.jpg

 暑い日が続くので、チョウたちも、お昼時は休みながらでしょうか。

(撮影:2010.8.11 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
1008041226yamatoshijimi.jpg

 ヒメジョオンの花で吸蜜するヤマトシジミです。
一心に密を吸って、夏に負けない体力を養っているように見受けられました。

(撮影:2010.8.4 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
最新コメント
[08/24 ぶんぶん10]
[08/23 take]
[08/07 ぶんぶん10]
[08/04 take]
プロフィール
HN:
bunbun10
性別:
男性
バーコード
カウンター
P R
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]