忍者ブログ
四季の移ろいの中で、チョウのすがたを追い求めます・・・since 2006.5.9 restart 2010.1.27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 サクラの木の下枝の葉の上にとまったイチモンジチョウです。
前回(昨日)と同じ場所で、今日は2頭ばかり現れました。

(撮影:2015.8.5 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
PR


 ヒラヒラと優雅にまい来たり、そしてモミジの葉で一休み。
イチモンジチョウです。林縁などの少し暗めの環境を好むようです。



 そこでは2~3頭のイチモンジチョウが見られました。
先とは別な個体が地面に降りたところで、ストロボを使ってしまいました。
ちょっとまぶしかったかな、ごめん。

(撮影:2015.8.4 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
130525120604ichimonjicho.jpg

 とにかく虫に好まれる花というのがあるようでして、この時期では、エゴノキとか
もう少ししてリョウブとか、それにこのウツギもそうです。
 そんなウツギの花に、前回のテングチョウに引き続いて、
イチモンジチョウも集まってきました。

130525120600ichimonjicho.jpg

 前回同様、少し距離があったので詳細はわからないのですが、
ウツギの花から発せられる虫集めエネルギーにひかれてのイチモンジチョウでした。

(撮影:2013.5.25 富士川町最勝寺・畔沢川河畔にて) 


1009041355ichimonjicho.jpg

 ニラの花で吸蜜するイチモンジチョウ、じっくり見ました。
見たのは、甲府市梯町の芦川の畔です。

1009041355ichimonjicho02.jpg

 後ろから、羽根の表側をチェックです。
アサマイチモンジか、それともイチモンジチョウか、ちょっと悩みましたが
イチモンジチョウでよいかと思われます。

1009041356ichimonjicho.jpg

 吸蜜管、けっこう太いですね。それと触覚も長く写りました。

1009041356ichimonjicho02.jpg

 花のあの辺に蜜があるのですね。

(撮影:2010.9.4 甲府市梯町にて)

1008251227ichimonjicho.jpg

 日影のやや暗めの環境で、どうしても被写界深度が浅くなってしまいますが、
そんな環境を好むチョウの仲間、イチモンジチョウです。

1008251227ichimonjicho02.jpg

 シダの葉の上で休むイチモンジチョウに、木漏れ日が差し込んでいました。

1008251228ichimonjicho.jpg

 少し前に登場したアサマイチモンジに、とてもよく似ていますが、
見分けポイントもあります。
一文字に並ぶ白い斑文の並びに、前翅の中ほどにとぎれがあるところなどです。

(撮影:2010.8.25 甲府市下曽根町・曽根丘陵公園にて)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[08/24 ぶんぶん10]
[08/23 take]
[08/07 ぶんぶん10]
[08/04 take]
プロフィール
HN:
bunbun10
性別:
男性
バーコード
カウンター
P R
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]