忍者ブログ
四季の移ろいの中で、チョウのすがたを追い求めます・・・since 2006.5.9 restart 2010.1.27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 先日、北杜市長坂町のオオムラサキセンターを訪ねました。
センターのまわり、オオムラサキの里では、天然のオオムラサキも多く見られました。



 子孫を残そうとしているのでしょうか、オオムラサキの幼虫が葉を好むエノキの木の梢です。



 一方こちらは、オオムラサキセンターの一角にあるケージというか観察室のなかでみたもの。
人工的に飼育されているといっていいのか、輪切りにしたパイナップルで吸蜜している個体です。



 同じく観察室の中のクヌギの木に群がるオオムラサキたち。
みなメスの個体のようです。樹液がしみ出しているのに群がっていました。

(撮影:2012.8.4 北杜市長坂町・オオムラサキセンターにて)
PR
1107091052oomurasaki.jpg

 笛吹市の金川の森公園の中の、クヌギの木にできていた蜜だまりに
カナブンが集まっていて、そこに後からオオムラサキがやってきて、
カナブンに混じり吸蜜するのが観察されました。オスの個体のようです。

 オオムラサキのオスは、前翅の表面に紫色の部分が多く現れるのが特徴となりますが、
この個体では紫というより青色となっています。
これは地域などによって、変化が見られるものとの図鑑の説明で納得しました。

(撮影:2011.7.9 笛吹市一宮町・金川の森にて)

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
最新コメント
[08/24 ぶんぶん10]
[08/23 take]
[08/07 ぶんぶん10]
[08/04 take]
プロフィール
HN:
bunbun10
性別:
男性
バーコード
カウンター
P R
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]